Angular2を使ってWebサーバからデータを取得してみた

Angular2のQuickStartをさっとやってみた。

Download | Node.jsからLTSのNode.jsをダウンロードします。自分はUbuntu16.04で動かすために、node-v6.9.4-linux-x64.tar.xz をダウンロードして ${HOME}/app/node-v6.9.4-linux-x64 へ展開しました。.

下記を ${HOME}/.profile へ追加して、ログインしなおすと、nodeコマンドが使えるようになります。

PATH="$HOME/app/node-v6.9.4-linux-x64/bin:$PATH"
export PATH

Setup for local development – ts – GUIDEにあるコマンドを打てば、もうそれでAngular2アプリが動きます。簡単。最初にプロジェクト用のディレクトリ作成と、gitコマンドのインストールのコマンドを追加しています。

mkdir -p workspace/angular2
cd workspace/angular2
sudo apt -y install git
git clone https://github.com/angular/quickstart.git quickstart
cd quickstart
npm install
npm start

ただし、npm install のあとに、TypeScriptは2.1を使いたかったので、package.json でtypescriptのバージョンは書き換えました。

   "typescript": "~2.1.0",

npm start をすると、自動でWebブラウザが起動して、 http://localhost:3000/が動きます。

Webサーバーと連携させてみます。CORS対応のサーバーが必要なので、Python3で用意してweb.pyとします。ディレクトリは workspace/angular2/webpyを作って、そこにしておけばいいでしょう。

#!/bin/python
from http.server import HTTPServer, SimpleHTTPRequestHandler, test
import sys

class CORSRequestHandler (SimpleHTTPRequestHandler):
  def end_headers (self):
    self.send_header('Access-Control-Allow-Origin', '*')
    SimpleHTTPRequestHandler.end_headers(self)

if __name__ == '__main__':
  test(CORSRequestHandler, HTTPServer, port=8000)

web.pyと同じディレクトリへname.jsonファイルも用意しておきます。

{ "name":"Angular2 JSON" }

起動します。

$ python3 web.py

これで、http://localhost:8000/name.json で取得できます。

Angular2の src/app/app.module.ts は次のようにします。

import { NgModule } from '@angular/core';
import { HttpModule } from '@angular/http';
import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { AppComponent }  from './app.component';
import { NameService } from './name.service';

@NgModule({
  imports:      [ BrowserModule, HttpModule ],
  declarations: [ AppComponent ],
  providers:    [ NameService ],
  bootstrap:    [ AppComponent ]
})
export class AppModule { }

src/app/app.component.ts は次のようにします。

import { Component, OnInit } from '@angular/core';
import { Response } from '@angular/http';
import { Observable } from 'rxjs/Observable';
import 'rxjs/add/operator/toPromise';
import 'rxjs/add/operator/map'
import { NameService } from './name.service';

@Component({
  selector: 'my-app',
  template: `<h1>Hello {{name}}</h1>`,
})
export class AppComponent implements OnInit {
  name = 'Angular';

  constructor (private nameService: NameService) {}

  ngOnInit():void {
    this.nameService.get().map(
      (res: Response) => this.name = res.json().name as string
    ).toPromise();
  }
}

src/app/name.service.tsを追加します。

import { Injectable }     from '@angular/core';
import { Http, Response } from '@angular/http';
import { Observable }     from 'rxjs/Observable';

@Injectable()
export class NameService {
    private link = 'http://localhost:8000/name.json';
    constructor (private http: Http) {}
    get(): Observable<Response> {
        return this.http.get(this.link);
    }
}

広告:

同じタグの記事: Angular2
同じタグの記事: node.js
同じカテゴリの記事: Linux
関連書籍: node.js